生活習慣を見直して血圧を下げる|食事の栄養バランスが重要

家族

おすすめの食材とは

和食

血圧を下げるには、カロリーの過剰摂取を控えたり、アルコール飲料を飲まないようにすることです。また、積極的に食べる食材には植物性栄養成分やカリウムを含む食べ物を取り入れた食事をすることも大切なことです。

詳細へ

食生活の見直し

男性

減塩と摂取カロリーの抑制

高血圧がずっと続いていくといろいろな病気をもたらしますので、症状を改善する必要があります。予防したり改善したりするには食事の見直しがもっとも効果的です。具体的には塩分の摂取を控えることです。日本人の好みは塩辛い味付けですので、ついつい塩分を過剰摂取してしまいます。そうして高血圧になりがちになります。まずは血圧を下げる第一歩として塩分の少ない食事を食べるようにすることです。もちろん、急激に塩分を一切摂らないようにすると、身体の体調が悪くなりますので、徐々に減らすことがコツです。また、血圧を下げるには摂取カロリーを抑制することも同じように大切です。肥満は血圧を上げてしまうことになりますので、十分注意しましょう。

動物性脂肪の減少

血圧を下げる働きのある食事には、動物性脂肪を控えることが重要です。肉類ばかりを食べるとどうしてもコレステロールが上がります。コレステロールの増加は高血圧だけでなく動脈硬化の可能性も高くなります。そのため、脂肪分の多い食事を控えましょう。また、意外に思われるかもしれませんが、食事内容を変えることだけでなく、規則正しい食事をすることも血圧を下げる効果になります。特に間食を食べるようになると、満腹状態になって、摂取カロリーの制限を大幅に超える可能性があります。したがって、1日3食を食べるルールを自分にもうけます。その1食1食も腹八分目で食べる習慣も身につけるとなおさら効果的です。以上のような食事生活をするようにしましょう。

3つの栄養素

料理

たんぱく質、ポリフェノール、カリウムなどの栄養素が含まれた食事を食べることは血圧を下げる働きがあります。こうした食材だけでなくお茶を積極的に飲むことも大切です。緑茶やそば茶にはカテキンやルチンが入っているので、おすすめです。

詳細へ

健康は食べ物から

食事

血圧を下げる食材としてパセリ、アボカドにはカリウムやビタミン各種が入っているものが良いです。また、バナナ、納豆、ニラ、トマトなども効果がありますので、食事に取り入れましょう。ただし、高血圧の薬を服用しているときにはグレープフルーツは控えましょう。

詳細へ